かえるくんのゆかいな日常

かえるのふたりづれが、いろいろなところに旅するブログ。さあ、今日も昼からビールを飲むか...

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

アカデミック・イングランド(1)4度目のロンドンへ

今日のロンドン:14℃/16℃。くもり時々雨。(BBCの天気予報による。)

ロンドンに来ちゃいました。

Big Ben

もちろんお仕事なので観光三昧とは行かないのですが、せっかくブログにぴったりの体験中なのだから、ちょっとだけ信州旅の話を中断して、こっちの話題を、ってわけ。

Tokio Haneda Flughafen

今回の出発は羽田から。羽田の国際線ターミナルは、さすがに新しいだけあって、日本人が好みと考える空港ターミナルの最新鋭という感じです。実はぺんぎんさん、ここは2回目なのでして、前回もいいなあと思った場所に、時間を見つけていってきました。

Tokio Haneda Flughafen

もちろん、ここからは飛行機が大きく見えます。

Tokio Haneda Flughafen

さて、ペンギンさんが乗ったのは、JAL043便の羽田発ロンドン行き。機材は777-300。

JAL

ハーゲンダッツなんかつけちゃって、リッチだよ。

フライトの中盤では、クリームシチューカレーパン。もはや何が何だかよくわかりません。

JAL von Tokio nach London

到着1時間前の軽食は、牛丼。最近のJALは、何だかよくわからないけど、攻めてます。

JAL von Tokio nach London

通路際の席なので、残念ながら窓の外の写真はありません。一番後ろの席だったからアテンダントさんがひっきりなしに行きかっていたのだけれど、心なしかかえるくんが大人気だった模様。

フライトは無事にヒースローへ。

ヒースローから市内へはいくつか交通手段があるのですが、ホテルまで乗り換えなしでいけそうなので、地下鉄のピカデリー線へ。この路線、市内から来た列車がヒースロー空港のところでループして市内に戻っていくので、方向を間違えて困る心配はまずありません。

U-Bahn Picadilly Linie

車体は見事に「チューブ」で、大荷物を持った人が集団で乗るには、とことん不向きな車体です。ピカデリー線は、ロンドンの地下鉄の中でもとりわけ小型みたい。

日本時間の11:35に出た飛行機は、ヒースローにイギリス冬時間15時前に到着。そこから入国審査やなんやかやをこなして電車に乗れば、市内までゆったり1時間くらい掛かります。

そういえば、入国審査。パスポートの隅々までちゃんとチェックして、ぺんぎんさんは以前のドイツの滞在許可証がパスポートに貼付されていたりしたので、今もヨーロッパに住んでいるのか、とか、何しにドイツに言ったのかとか、かなり根掘り葉掘り。ほかのメンバーも似たようなもので、列の前のほうのお姉さんなんて、入国審査官になぜか泣かされたりと、けっこう時間が掛かりました。そんなものだから、せっかく定刻より早く飛行機が着いてくれたのに、もう日が沈んじゃうよ。

U-Bahn Picadilly Linie

そういうわけで、無事、ホテルに到着(写真は翌日、日のあるうちに撮ったもの)。

Royal National

ラッセル広場の駅のそばにあるこの「ロイヤル・ナショナル」というところは、なんだかホテルというよりは、巨大な学生寮という感じ。アメニティーは石鹸だけ。下手すると(ぺんぎんさんの部屋みたいに)ドライヤーもなくて、ぺんぎんさんは大丈夫だけど、同行のプロフェッサー・リリーなんて、なんと20ポンドもデポジットを払って借りてきたっていうすごい話なのです。まあでも、お値段も市内の一等地にある割にリーズナブルであるから、最初からそういうところだと思っていればそれほどひどいこともないわけですが。

そういえば、前回の、ぺんぎんさんにとっての3度目のロンドンは、バス・トイレ共同の2泊朝食付き110ポンドだったから、それに比べれば雲泥の差です。

もっとも、朝食は、別の意味で雲泥の差だったわけですが。

Royal National

もちろん、このほかにシリアルとか、少しばかりのフルーツwith粉砂糖とかがあったのですが、しかしそれだけ。卵とかソーセージとかがほしければ5ポンド払えっていう話。

うーん。ブログを書き終わったぺんぎんさんとかえるくん。これから朝ごはんを食べようか(というよりコーヒーが飲みたい!)というところなのだけれど、ここでコーヒー飲んでも落ち着かないし、卵とかソーセージをつけたつもりで外の喫茶店に出たほうが楽しいかしら。あるいは部屋に備え付けの唯一の近い備品で、ホテルの用意してくれたコーヒーをここで飲んだほうがまだしも優雅かしら。思案のしどころです…
スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。