かえるくんのゆかいな日常

かえるのふたりづれが、いろいろなところに旅するブログ。さあ、今日も昼からビールを飲むか...

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

宇都宮・あったぐらんす

今日の名古屋:くもり時々晴れ、夜になって雨。24℃/31℃。
帰り際、降られた…

この夏、とにかく湿気ていてどうしようもなくつらいのですが、この間は国内大旅行に出かけてきたのです。
で、その前に行ったところのお話をちょっと。

行き先は宇都宮。常識的に考えれば新幹線で移動になるから、まずは名駅に行きます。新幹線側にある施設と言えば、ビックカメラ。

買っちゃった♡

「ぷらっとこだま」に乗っていったのだけれど、N700系さんが来たものだから、さっそくありがたく充電させていただきつつ、パーツを組み立てて、と。どうだ!

Tokio Hbf Tokio Hbf

うん、このレンズが勝手にとってくれる感じ、さすが一眼よね。

東京駅で列車を乗り換えて、さらに北へ。せっかくなのでお誘いしたフレンズたちなのだけれど、東京から宇都宮へは学割がきくので有人改札へ向かった彼ら、なんと新幹線の切符を買ってきたのでちょっとびっくりでした。でもフレンズさんたち、学生だものね。普通列車の切符を買って、のんびりと宇都宮へ向かったってわけ。

Jiaozi (Gyoza)

…うん、お店の名前は出さないから正直に言おう。皮がじっとり、中身がなんだかぬるくて、そして肉汁の出てこない「宇都宮餃子」であった…

いや、その、ホテルのおねえさんにきいたところでは、宇都宮っ子としては、一押しは「みんみん」なのだそうですが、残念ながら着いたらもう夜で、閉店しちゃってたんです。で、使用がないので入った店がその体たらくでありまして…

結論。どこでもうまいわけではない!

翌朝、用事までは時間があったので、少しだけ宇都宮の街を歩いてみました。

宇都宮は門前町。街の真ん中に、下野国一之宮があります。

Futaarayama Schinto Schrein Futaarayama Schinto Schrein

街なかの小山に鎮座まします二荒山神社、なかなかいい雰囲気です。

実は、ちょうどこの前日、つまりはペンギンさんが到着した日(2014年8月3日)、「ふるさと宮まつり」が開催されていたのでした。とちぎテレビはテレビ中継していたくらいだから、やっぱり盛大なんだろう。てっきりこの神社さんの例大祭なのかなと思っていたのですが、実は違うのですね。いま調べてみたら、1976年に市制80周年、青年会議所創立10周年ということで開催されたのがきっかけなのだそうです。

Futaarayama Schinto Schrein

朝方、ホテルのおにいさんに、宇都宮の街をざっと見るとしたらどこ?って聞いたら、まずはこのお社、そしてお城を見ておけばいいと思うよって教えてくれました。

このお社の鳥居から南にまっすぐ伸びる道が、お城にぶつかります。たぶん、これがこの街の基本軸なのでしょうね。

Utsunomiya Burg

宇都宮は城下町。平野が丘陵と接するこの地の小山は、周りが水に恵まれていて、きっと往時は水濠がめぐらされて、ちょっと比高が高くて、お城をつくるにはぴったりだったんでしょうね。

Utsunomiya Burg

ところで、観光案内所(駅の中にあります。)でせしめてきたパンフレットで、ちょっと気になる建物があったので、ちょっと寄り道してみました。

Matsugamine Kirche

ほらっ、ギリシャみたいでしょ!?

Matsugamine Kirche Matsugamine Kirche

松が峰教会(マックス・ヒンデル、1932年)。宇都宮と言えば大谷石の産地もしないというくらいなので、古くから石材の産地であるわけです。なので、古い建物には、大谷石を使った建築が散見されるってわけ。この協会は、その代表格みたいです。ヒンデルが建築したってことはカトリック教会ってこと。ほんと、この人はとことん古い様式を愛していたんだろうなあ。正確には古いわけでなくて、ネオロマネスクとかは当時の時代の最先端でもあるわけですけどね。

電線がなければもっといい写真が撮れるだろうになあ…

でも、ちょっとフォトジェニックな気がして、ちょっと待ってみました。…いや、この路線、結構本数が少ないのだった…

Matsugamine Kirche an der Tobu Bahn

うーん、いまいちだ…

そのあと、氏家駅からバスに乗って、こーんな山の中に行ったわけです。

Kitsuregawa

そのあと、シャーフさんのゼミの皆さんと、フレンズ選抜隊と一緒に、施設見学をして、帰途に就いたってわけ。もう写真はないのだけれど、上野駅はずいぶん様変わりしていたものだなあ。昔、シャーフさんと一緒にとりあえず上野駅で駆け込んでいた"Dila上野"のファミリーレストランのような居酒屋のような場所もなくなっちゃっていたし…

宇都宮の街の方はろくに楽しむ時間がなかったのだけれど、たんに餃子の街ではないのですね。最近では、ジャズの街であり、カクテルの街であるのだそうです。つまりカクテルを傾けつつジャズをきけってことね。いいライヴがあれば飛び込みたかったなあ…

宇都宮の人口は50万人。東京からそこそこ距離があるから、一つの都市圏を形成しています。街を歩いても、表通りにはパチンコ屋さんもないし、空き店舗だらけの商店街なども目立たなくて、なんだか充実している感じでした。思ったよりいい街なのかも。市内交通網の充実のためにトラムも計画中とかいうけれど… 東海地方に長くいると、そういえば最近トラムを廃止した、街なかがなんだかゴーストな感じになっちゃっている40万人都市を思い起こすのだけれど、宇都宮がこれだけがんばれれば絶対もうちょっといい具合になれるって、ねえ。
スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。